ゼロのままでいられたら


作詞:藤原聡 ╱ 作曲:藤原聡 ╱
日語:2016.06
專輯:MAN IN THE MIRROR
歌手: Official鬍子男dism

歌詞


繋いだ手を離せば また會う日まで1人で
「聲聞くだけで良い」なんて 強い人を演じて
本當はずっと數えてる また會えるまでの日々を
ため息とただの呼吸の區別ももうつかないよ

「じゃあね」と手を振って橋の向こうのバス停へ
消えてく背中が戀しくて「あと5日」
風が指の間くすぐって消えてった
それは寂しさを煽るようで

一體 何年先の未來までこうやって
會えない日を數えなきゃいけないのだろう?
「笑い合った時間、思いの重さ」に比例して
離れると餘計に胸が痛いよ
どんな數が掛かっても変わらない
ゼロのままでいられたら

繋いだ手を離せば この街はとても寒くて

遠くに消えていく背中 1人で待つことしか出來ない

笑顔で見送って、會えない日々が始まって
言葉よりもずっと長い長い「あと5日」
寂しさはいつだって抑え込んで隠して
「隣に居られるなら、それでいいから…」

一體 何年先の未來までこうやって
永久の愛なんてあてにしていけるだろう?
心から「幸せだ」なんて言えるような未來を
待ち焦がれて今日も1人が辛いよ
ああ そんな不安も わがままも 哀しすぎて言えない

一體何年先の未來までこうやって
會えない日を數えなきゃいけないのだろう?
「笑い合った時間、思いの重さ」に比例して
離れると餘計に胸が痛いよ
どんな數が掛かっても変わらない
ゼロのままでいられたら

吐槽歌詞