歌詞

錯誤回報

忘れられないまま 淺き夢を見る

遠ざかる季節數えて 風に吹かれた麵影
空を舞う鳥はどこかで 君の聲を聞くのだろう

儚き想い永遠に 移ろい流れ行くもの
茜色に染まる 君を見つめてた あの日のように

君の名を呼ぶ 何度も 何度も
夢から 覚めることない 願いは

屆かなくても その手に
觸れているような
懐かしく香る 淺き夢を見た

霞ゆく記憶の中で 確かに殘る溫もり
春を待つ花の息吹は 募る雪を溶かすでしょう


刹那に咲き誇れば 涙に流れ散るもの
桜は降り止まぬ 君を探してた 幻でも

聲にならない さよなら さよなら
夢なら また巡り會う 二人は

離れていても どこかで
微笑んでるような
おぼろげに浮かぶ 君へ愛を詠む

君の名を呼ぶ 何度も 何度も
夢から 覚めることない願いは

屆かなくても その手に
觸れているような
おぼろげに浮かぶ 君へ愛を詠む

懐かしく香る 淺き夢を見た