熱門關鍵字

歌詞

錯誤回報

「見えてない君は 見えている人より
やっぱり条件が厳しくなる」って
そんなのはわかっていた 僕だって嫌だった
いつから透明になったのか わからない

ここにいるのに ずっとここにいるのに
誰もが目の前を通り過ぎる

慣れてしまえば意外に楽だった
誰もが自分に気づかない暮らし
コップを床に落として割っても
それだってもう僕のせいにもならない

愛がなければ全てはないのと同じ
そこには何が見える?

透明な雨 透明な傘 透明な体と透明な未来
ありそうでなさそうなものを なんだかずっと追いかけている
見えもしない さわれもしない ものになぜ夢が描けるか
この僕が証明すれば 君も少しは笑ってくれるのかな

死んでしまった自分を
透明人間になったと思い込んでいた
しかし思い起こせばほとんどの出来事は
勘違いから始まってた

東京という名の街はやっぱり怖い街で
東京ドームも武道館も歩いて行けてしまうから
夢の国まで地続きと誰もが勘違いをして
蜃気楼を追いかけるように
変わらなくちゃ 変わらなくちゃと
とにかく別の何かに 自分ではない何かに
それが僕が死んでしまった理由

「ちゃんとする」は結局は誰のため?
今になってわかるのは「少年よ 全ては自由だ」

透明な雨 透明な傘 透明な体と透明な未来
ありそうで なさそうなものを なんだかずっと追いかけてきた
見えもしない さわれもしない ものになぜ夢が描けたのか
今になってみれば 振り返ってみれば どれもが全て奇跡だけれど

生まれ変わったなら そんなものはないよ
だからこの歌はいつまでも届かないだろう
手遅れになってから 気づいてる僕は
なんて鈍感でダサい男なのだろう

もしも一度だけ たった一度だけ
戻る事が許されるなら
僕は何を歌い 僕は何を叫び 何を奏で
君に何を伝えるだろう

伝えるだろう