ひだりむね


作詞:青木健 ╱ 作曲:青木健 ╱
日語:2017.03
專輯:ひだりむね(きつねばん)
歌手: さくらしめじ

歌詞


昨夜も夢に君が出てきた
これで1、2、3、4、5、6…
もう數え切れないよ

思い起こせばあの日からだよ
初めて君と話した 席が隣になってから

うまく喋れない僕だったけど
君は時々やさしく笑いかけてくれた
思いを決して今日は
君に僕の気持ちを伝えるんだ

ドキドキドキドキドキドキ踴る
左胸の中に潛む何かが
僕の足取りをあやしくしているみたい
ドキドキドキドキ時々話す
君の聲とその笑顔に觸れたら
まぁいいかってなって
ああ〜、今日も素直になれない

君の前だと なんだか少し
いつもの自分じゃないみたい
ふわふわ雲に乗っかってるみたい

思いがけない自習時間に
たまたま目と目があって
笑ってるように見えた

なぜかすぐに誤魔化しちゃったけど

すごくすごく嬉しくて飛び跳ねたかった
だから今度こそきっと
君に僕の想いを屆けたいよ

そわそわそわそわそわそわしてる
左胸のポケットにしまいこんだ
手紙渡したくて君の方へ近づいた
ドキドキドキドキ時々喋る
君の聲とその笑顔思い出して
まぁいいかってなって
ああ〜、今日も何も変わらない

どうしても どうしても
この気持ち言えない
これまでみたいに普通に
話せなくなっちゃうかもって
思っちゃうんだよ

突然、廊下の窓から風が來て
背中押されるような気持ちになって
やっぱり伝えたい

ドキドキドキドキドキドキ踴る
左胸の中に潛む何かが
僕の足取りをまたあやしくしてるみたい
ドキドキドキドキ時々話す
君の聲とその笑顔に觸れたら
まぁいいかってなって
どうしても言えない!
ああ〜、いつか君に屆けたい

吐槽歌詞