歌詞

錯誤回報

海岸線走るバイク 遠くを見つめる少女
麦わら こぼれた陽ざし 眩しく光る横顔

白く伸びた手に 地球の欠片
渡す君 動き出す小さな鼓動

ひこうき雲伸びた 広がる空に
新しい希望が 風に押されて走り出す
ひこうき雲越えて 探しに行こう
振り向かず 前を見つめ走る
君がいた夏の日

青空見上げた姿 野に咲く昼顔みたい
大声叫んだ僕を やさしく笑ってくれた

波打ち際はしゃぎ 見せた涙
打ち寄せる白い波 足跡消した

オレンジに輝く 銀色の海
また会えるよねきっと 一番星に願い込め
打ち寄せる波音 耳を澄ませば
「抱き寄せて…」まるでラブソングのように
いつまでも響くよ

はぐれそうで 繋いだ手
ふたり照らす 花火
僕の鼓動隠して欲しい いつまでも

ひこうき雲伸びた 広がる空に
新しい希望が 風に押されて走り出す
ひこうき雲越えて 探しに行こう
振り向かず 前を見つめ走る
君がいた夏の日