歌詞

錯誤回報

春は薄紅をまとって そっと戀をしていた
月の舟浮かべる夜空 星に願いかけて
はらはらと散る淚よ 遠い君連れてきて
愛しさは花になって まだ笑いてます

夏は蜩(ひぐらし)のあの頃
そっとくちづけていた
滿ちる海 白い貝殼
永遠(とわ)の歌きいてた
さんさんとよせる波よ 想う君連れ去って
黃昏に消えても まだまだ ここにいます

秋は落葉を映して そっと時を紡いだ
赤や黃に染まるこの道
誰を待つのでしょう

ひらひらと舞う木の葉よ
愛し君伝えてよ
すべりだす風になって
きっと 遙か空へ
春 夏と季節はゆき
秋を待ち いまひとり
さよならは ひとつふたつ 音なく積もって

冬は靜寂のあの丘 そっと愛を奏でた
うす雲の五線紙ならべ
君に聞こえますか 君に聞こえますか
四季に似た戀よ