歌詞

錯誤回報

君と暮らした あの街あるいてるよ
大人の阪道 知ったまち
花弁雪も 舞うとき知るように
閉じた瞼の上 風と遊ぶ

曇る窓に君の書く「さよなら」の文字
哀しい想いさせたね 俺の幼い
戀を許してほしい

君と似た人 見れば足とめてる
同じ香りには 振り向いた

寂しさ恐れ疑う気持ち選んで
あの日ついた噓を 悔やんでいる

きっと誰にも捨てられない愛あるはず
心の奧に沁みこんだ 過去に寄り添い
未來へと明日を生きたい

曇る窓に君の書く「さよなら」の文字
哀しい想いさせたね 俺の幼い
戀を許してほしい
君ともう一度 君と生きたい