• 專輯:SHOWCASE
  • 歌手: Pile
  • 發行時間:2018.10
  • 作詞:結城 アイラ
  • 作曲:伊藤 賢
  • 編曲:伊藤 賢
  • 分類:日語

歌詞

錯誤回報

木立が揺れる聲 雨が降る予感
小さく震える音さえ
紡がれてゆくたび 音楽になる
素敵な世界に愛されていた

幼い憧れ 胸に抱きしめては
何にでもなれるって 可能性だらけだった
青く足掻いた日々

いま 會いたくて會いたくて でも
あの頃の僕は居なくて
どんなに望んでも 振り向けない
窓に映るのは 貓背で佇んだ
つまらない 情けない ありきたりな僕の
シルエット

あんまり難しく 考えなきゃいい
君は簡単に言うけど
年月を重ねた アイデンティティは
素直な心を忘れているよ

なのにどうして こんな僕のために
諦めないでって 太陽のように眩しく
まっすぐになれるの?

いま 戸惑って戸惑って この

気持ちは何て呼ぶんだろう
息を潛めてた 時間(とき)が動く
惹かれてること もう誤魔化せないから
挫けない 容赦ない 新しい自分へ
リスタート

足りてないものはナンダ?
出來るってマインド?
愛されたいって願いは
愛さなくちゃNot Come!
怖がってたら成長 出來ないまんまループ
エサをただ待ってるだけの 人生は要らない
君と出會って気付いた やっと思い出したんだ
あの頃の僕は全てを 愛してたんだと

ねぇ 切なくて切なくて けど
満たされてゆく感覚は
'此処で生きてる'って ことなんだよね
ありきたりじゃない かけがえのないもの
探して 見つけて 失くせばまた探そう

いま 會いたくて會いたくて でも
あの頃の僕は居ないよ
どんなに望んでも 振り向かない
君のとなりに 相応しい人になる
つまらない 情けない ありきたりな僕よ
So Long!