熱門關鍵字

  • 專輯:SEVENTEEN
  • 歌手: 吉田凜音
  • 發行時間:2018.06
  • 作詞:津野米咲
  • 作曲:Kenmochi Hidefumi
  • 編曲:
  • 分類:日語

歌詞

錯誤回報

走り書きに丸つけた
破り捨てて忘れようとした
それでも気づけば書いて
今度は二重丸つけた

青山通りの空を
灰色の怪獣たちが塞いでる
瞳の中はきっと懐かしい空

どこにいたってこぞって
スクエアに切り取られる
そんな時代をかっ飛ばして
ここはどこ私は何のためにいるのだろう
そんな時間を蹴っ飛ばして

KESALAN BLUES
本當のとこはひみつ
踴るでまかせ風の中
KESALAN BLUES
本當のことはひとつ
わかってみせてよ心の中

走り書きに丸つけた

崩れた文字が本音を証明した
この手でつかめるほど
小さくはなかった星

246の空は
慌ただしい音がする
天井に映し出した
ずっと懐かしい空

どこにいたってこぞって
スクエアに切り取られる
そんな時代をかっ飛ばして
ここはどこ私は何のためにいるのだろう
そんな時間を蹴っ飛ばして

KESALAN BLUES

KESALAN BLUES
本當のとこはひみつ
笑うドールも動き出す
KESALAN BLUES
本當のことはひとつ
つかめない明日を
つかんでやる