歌詞

錯誤回報

一体何を期待してるというの
握り締めてる電話が震える度
いちいち胸が高鳴って
でもすぐにため息に変えて
もう何度繰り返し

来る訳ないいつかなんて言葉
いつまで信じてるつもり

ねぇ忘れてしまえばいい
少し夢見ていただけだって
奇跡なんて起こるわけも
ない事くらいわかってるのに
わかってるのに

急にすべてがわからなくなったって
あの日突然言い出してごめんね

最後に見た涙が今もまだ
頭から離れずにいる

ねぇどうして目の前の君を
信じてあげられなかったんだろう
好きなものを不器用なくらい
好きなだけでじゅうぶんだった
はずなのにね

ねぇ私は君に何かを
残してあげる事が出来たかな

ねぇこのまま時が過ぎたら
私には何が残るんだろう
それでもまだ奇跡を願い
続ける心?それともただの

傷跡かな?