FEARS (日劇「恐怖新聞」主題曲)

2020.08

FEARS

THE RAMPAGE from 放浪一族

歌詞

錯誤回報

どんな言葉で言い表せばいいんだろう
ある日突然当たり前が消えた瞬間を
逢いたい人にさえ
逢えない現実
何が愛かを覚え始めていたのにさ

触れ合わなきゃ 胸のぬくもり
どんどん蒼く痛んでゆく

迷いながら足掻きながら
どこかで君も生き抜いている
信じ続けてくことが
宿命よりつらい今に
健気な勇気を与えてくれる
だから光ください

こんなやるせない無常が迫りくるなんて
誰が一体想像出来たと言うのかい
幸せな日々が 塗り替えられてく
泣いて戻れるならば泣き叫んでいたいよ

匂いもしない さわれもしない
恐怖だけが嘲笑ってる

生きてるのか死んでるのか
それさえわかんない不安な夜に
僕は溺れそうになるけど
激しく吹く風が止んだ
先の未来には微かな安らぎがあると願うよ

ずっと降りやまない嘆き
終わらない混迷の果て
なぜ僕は生まれたのかって
自問自答で見上げたこの空は
悲しいくらい綺麗に晴れ渡って
負けはしないと誓う

迷いながら足掻きながら
どこかで君も生き抜いている
信じ続けてくことが
宿命よりつらい今に
健気な勇気を与えてくれる
だから光ください