奧希亞之樹


作詞:ayumi hamasaki ╱ 作曲:菊池一仁 ╱
日語:2020.07
專輯:奧希亞之樹
歌手: 濱崎 步 (Ayumi Hamasaki)

歌詞


「拝啓 わたしの小さくて
永遠に世界一の天使へ」

初めましての涙だったり
初めて指繋いで眠った日とか
初めて全てがダメな気がして
初めて隣で泣き明かした日とか
初めてだらけの2人だったね
でも君とだから
乗り越えられたんだよ

笑う時にね片方の目が
きゅっと閉じるとこがおんなじ
眠い時にはふくれっつらして
下唇つきだすのもおんなじなんだよ

君は君の名をいつ知るんだろうか
それとももう知ってるかな
レフアがオヒアの木に寄り添うように
優しく強い花を咲かせたように

そんな想いを込めたんだよ

冷たい雪の降る日は
この胸で休まればいい
激しい夏の日には
どこまでも自由に駆け出せばいいと
そうやって見守っていくよ
ずっと

君は君の名をいつ知るんだろうか
それとももう知ってるかな
君が君の名をいつか尋ねたなら
その時はどんな風に言おう

Ah- レフアがオヒアの木に
寄り添うようにと花を咲かせた日
Ah- まあるく漂う風が
新しく私らしい生きる意味を教えてくれた

そんな事を伝えようかな

吐槽歌詞