That Summer


作詞:土岐麻子 ╱ 作曲:トオミヨウ ╱
日語:2019.10
專輯:PASSION BLUE
歌手: 土岐麻子

歌詞


95年の曲 ラジオから流れて
なにかムズムズと ひとり 身悶えてる

sweet and sour, I remember
まるでねじれたままの
it's a playback of that summer
A面のテープ

静まる 街の喧騒
あなたに似た人を見かけた途端に
昔見た
八月の海 波の音が
やけにリアルに打ち寄せたから

プルタブを押し上げたら
溢れ出した想いは泡
二人の服 濡らしてった
戸惑ったあの日

見つめ合った時間の砂
あんなにもあっけなくて
あんなにも僕ら生きてた
あなたの名はサマー

僕はきみのこと あの日忘れたんだ
逃げ込んだのは カセットのB面さ

I remember every summer
たとえ裏返しても
it's a playback memories flowers
ねじれたままなのに

真夜中 ブラウン管
涙落とす 横顔を照らすたび
昼下がりの 階段教室
はしゃぐ笑顔 見つけるたびに
愛おしかった

プルタブを押し上げたら
溢れ出した想いは泡
二人の服 濡らしてった
戸惑ったあの日

飲み干した 空き缶を つぶすように
空っぽになった心 ギュッと握った
悲しみを 知ることに なったって
思い切りぶつかったら 良かったんだ
青空に弧を描き 投げ捨てた
なにもはじまらぬまま 恋は終わった

プルタブを押し上げたら
溢れ出した想いは泡
二人の服 濡らしてった
戸惑ったあの日

見つめ合った時間のまま
逃げなかったら僕たちは
どんな日々を愛したかな
do you remember that summer?

吐槽歌詞