like a snowy kiss


作詞:KEIKO ╱ 作曲:小室哲哉 ╱
日語:2018.08
專輯:Ballads & Memories
歌手: 地球樂團 (Globe)

歌詞


白く光る一番星が
今は足元に揺れてる
人の弱さ時の強さに
ふるえる胸を押さえて

重なる苦しみは知らぬ間に
歴史という川に時間と
涙で流れてゆくよ
そまってゆくよ

私はいつものほほ笑みで
どんな場所でも待っている

誰にも言えない
誰にも見せない
やさしさ運んでくれた
あなたにそれぞれの
想いと涙がよりそって
いつでもどこにいても
心という輝きが
笑顔という答え方が
I am thinking about you
like a snowy kiss

触れた冷たい指先が
扉のむこうでかすんで
つながる、すこしでも
あたためて
あげたいのに…
したいのに

届いた吐息はいつの間に
すり抜けていつも気持ちは
言葉に勝ってる
想いが勝っている

出会えただけでも尊いもの
想い合うのは讃えたい
あなたがはじめて泣いた日は
違う場所でも雪が降る
その一瞬 朝もやにけむる
雨やどり 思いだしている

誰かに言いたい
誰でも聞いてほしい
真実伝えてくれた
あなたにそれぞれの
I am thinking about you
like a snowy kiss

誰にも言えない
誰にも見せない
やさしさ運んでくれた
あなたにそれぞれの
想いと涙がよりそって
いつでもどこにいても
心という輝きが
笑顔という答え方が
I am thinking about you
like a snowy kiss

I am thinking about you
like a snowy kiss

吐槽歌詞