歌詞

錯誤回報

そのまま溶けてなくなるような 混ざりながら 揺れたままで
意味のないこの世界の中 願うことはただ一つだけ

冗談みたいなふりをして グラスの中 飲み干したら
ふりだしに戻る時間だけ 願った

記憶の中
未来の中
触れられないままで

君が僕についた嘘が 絡みついたまま動けずにいる
きっと何も覚えてないんだろう
存在も 精神も 信じたものも 夢のようにさめたら消えていく
一人になるのが怖いだけなのに

遠くで響く街の音は 忘れていた記憶の中
目覚めたまま見る夢はまた ゆらいで

静かにただ
時がながれ
何も変わらぬまま

君が僕についた嘘の
傷が錆び付いて胸を刻む
ずっと忘れることすらないんだろう
きっと戻るのは簡単なんだって軽い気持ちで過ごした毎日
届くはずのない言葉を抱いたまま

君が僕についた嘘が 絡みついたまま動けずにいる
きっと何も覚えてないんだろう
存在も 精神も 信じたものも
夢のように覚めたら消えていく
一人になるのが怖いだけなのに