等待雨、


作詞:Minami ╱ 作曲:Minami ╱
日語:2020.07
專輯:等待雨、
歌手: minami

歌詞


過去形フィルムに縋った僕らは
舵取り粘土に飲まれていつしか固まっていくようで


言葉税が 足りなくなっていってさ
書き殴り漁った下書きをそっと強く塗りつぶす
平気だよきっと誰かが 透明人間あてにした


ああやっぱ今日もだめだな


ファインダー越しのかわききってた
僕にアメ降らせてくれないか
何度塗り替えても 濁ってしまって
今はもう届かなくなったリリック
曖昧な言葉捻り出しては
固まりかけながらまだ足りないと
なんて本当、虚しくなってしまったのでしょう


普遍化には見向きもしないようだ


雨に
交えないでいて
使いすぎてしまったエキを無駄にはしないで
欲しくて


好きなものが青に飲まれて消えてった
安価推理自称名探偵いなくなれ


ショーウィンドウ伝うアメがかわき
やがてやみ上がってしまう前に
USBにそっと 閉まっておくよ
いつかあの日の僕、愛してね。
誤魔化してはアメのせいに
少しゼロがさみしくなった
君はもう二度と戻らない 戻れない 帰れないよ


はやく
はやく
はやくしなきゃ


こんな
になるまで


息継ぎ我慢してた事
邪魔するスクリーンセーバー
絶対忘れたくない。


明日
ファインダー越しが 曇っていたら
そっと笑い掛けてくれないか
ピントが合うように ブレないように
いつか届くといいなこのリリック
比べすぎた
青くて仕方なかったんだ
拙い言葉税で魅せようとした
脳内ヒエラルキーもう


オヤスミナサイしようよ
それが不確かでもずっと僕ら
臆病と待ち続けてんだ
針は僕をおい続けた
君は僕の隣の数字で
待ってくれるよ な
メイムでいいな


やっぱ今日もダメな僕だな


抓っても滲むだけだろう


かわいたアメ待ち続けていた

吐槽歌詞