徒留夏季音色 (夏の音を残して)


作詞:山崎寬子 ╱ 作曲:山崎寬子 ╱
日語:2019.07
專輯:文學少女的歌集
歌手: 堀江由衣 (Yui Horie)

歌詞


横顔がほら どこか寂しく瞬きする
遠く離れる 夏の音を残したまま

透明な空に包まれた
儚げな君はきれいで
愛しさを集めるみたいに
そっと君を守りたい
深く、深く

聞かせて 君の言葉
震えるその手を握った
二人をつなぐ今日が
切ないほど響いている

じわりと滲む 夏の記憶が映し出した
優しい君の寂しさまで触れていたい

傷つくことに慣れずにただ
やわらかな雨を落とした
君のこころを揺らしたもの
すべて受けて抱き締める
強く、強く

教えて 君のなみだ
小さな手を重ね合った
二人が出会えた意味を
いま隣で感じながら

忘れない 夏の音に
今日という願いをあずけた
二人が変わらずまた
「あの日のこと」って笑う日まで

誰かを愛すること
君のそばで感じながら

吐槽歌詞