歌詞

錯誤回報

ボタンが取れているだけで
着れないシャツを持ったまま
君がもうこの部屋にいないことを
確かめていたけれど
忙しい日々の隙間の
中途半端な空白で
細い背中を思うのが何より辛い

めざめた僕の首筋に君の長い髪を
感じられたあの日々を
取り戻したい

二人で暮した日々よりも
誰かの噂を信じた
僕になぜうつむいたままで言い返せなかったの

とても長い時間をかけて解ることもあるよと
きのう電話で友達が話してくれていたけれど
僕にも一つ気付くのに遅すぎたことがあるよ
君が僕の景色にいつもいた大切な毎日

私電の高架下 君が聞き取れないから
何度も好きと言わされた
あの日さえ陰る

自分の弱さも知らないで強く責めたあの夜
確か部屋には降りだした雨の匂いがしてた
今も部屋には降りだした雨の匂いがしてる