歌詞

錯誤回報

この坂道が花吹雪になる前
君はこの街を出て行った
手紙をだすと交わした約束は
いつか懐かしい思い出に変わった

僕らの街の言葉は
正直綺麗じゃないけれど
どうか どうか忘れないで

君の胸にいつも帰る場所を
抱きしめていることを
甘えとか弱さではないんだと
いつか僕に伝えて

それでも花を散らすゆるい雨を
明日も解らずに見送った
君が持ってる荒っぽい優しさを
春が思い出に変え始めてるのに

どこか頼りないねと
いつも言われてた僕はまだ
ずっと ずっとあのままだけど

少し辛いですと君の文字を
どこかで見つける度
すぐに飛んで行けたあの頃が
本当に懐かしい

君の胸にいつも帰る場所を
抱きしめていることを
甘えとか弱さではないんだと
いつか僕に伝えて

甘えとか弱さではないんだと
いつか僕に伝えて