歌詞

錯誤回報

初めての街に来て
知り合いがいない頃
人混みが好きだった
そばに誰かがいるから


言葉が通じなくて
もどかしい時もあった
それでも故郷に
帰ろうと思わなかった


あんなにわがままを言って
許してもらったこの夢は
涙をいっぱい流しても
諦めない


友達ができたんだ
不器用なこんな私に
さりげなく目を合わせて
笑い方思い出せたよ
げらげら げらげら
何度もただ笑った


皆が心配して
すぐ声を掛けてくれた
心は昨日より
前を向いて強くなった


どんなに辛いことだって
未来の自分を思ったら
絶対挫けるものかって
頑張れるよ


友達が増えたんだ
一人きりだった私に
そっと手を繋ぎながら
どこまでも歩いてくれる
てくてく てくてく
ゆっくり日が落ちてく


友達は向こうでも
気にかけて待ってくれてる
あの日見た同じ夢が
いつの日か叶うと思う


友達ができたんだ
不器用なこんな私に
さりげなく目を合わせて
笑い方思い出せたよ
げらげら げらげら
何度もただ笑った