歌詞

錯誤回報

目の前の君が笑った そんなことが支配した
僕の小さすぎる日々 夢が曇って潜んだ
たったーつ言えないことが 宝物みたいに
愛しくキラキラ光った パッが悪くて笑った

へッドライト重なり合って 交わり合った時に
消えてしまうあの現象は あの奇跡はなんだっけ
何一つ掴めない僕ら せめてもらったこの手
叩こうが撫でようがいいさ 君のものだそれは

行かないでと言わないでよ
行かないといけな<なる
泣かないでと言わないでよ
泣かないといけな<なる
君の名前を叫びたいだけなのに

君の上手くない歌がたまらないくらい好きだって
きっと言えぬまま僕はこの命閉じるんだ
夢を聞かれなくなってどれくらいもう経ったっけ
真っさらな色じゃもうないが僕にもあんだ分かるでしよう

目の前の君が笑った そんなことが支配した
僕の小さすぎる日々 輝<音が聞こえた

行かないでと言わないでよ
行かないといけな<なる
泣かないでと言わないでよ
泣かないといけな<なる
君の名前を叫びたいだけなのに

ぐだる日々によくない君
横顔に物語る機徴
外の木々色鮮やかに 黄緑に赤茶紫に
胸の痛みをお互いの中に 分かりあいきれる訳もない
だけどでも今はそれがいい それがいい それがいい
僕ら何処へでも行けると 調子の良いことでも言おう
君が笑ってくれたなら儲けもんだ 儲けもんさ