歌詞

錯誤回報

俺達の出逢いはそう十年前
二十歳が昨日のことのようだね
あの日初めて繋いだ手の汗も忘れられない
全てが変わった 俺の運命まで
今までいつも自分のことだけ
ネガティブな言葉ばっか言って慰めていた
チャンスはどんな人だってまわってくるから
下向いてよそ見してると見逃すんだ
じっと集中して待っていれば必ず
「あなたなら摑むことが出來るよ」って背中押してくれた

あなたに逢えて あなたと出逢えて
俺の心の聲を叫ぶなら
「あなたに逢って無敵になりました。」

あえて言うのなんか恥ずかしいけれど
十年経った今の今でも
あなたを見るとキュンと來るよ 場違いなとこでも
例えけったくそ悪く怒ってても
仕事で戦闘モードでも
あなたを見るとキュンと來るよ 心が亂れる
こんなに気持ちがグチャグチャになったまま
隣にいられるなら明日も幸せさ
こいつのために一體俺は今何が出來るか ?
それが俺をいつもデカくさせてくれた


あなたのために あなたのために
俺の心の聲を叫ぶなら
「あなたのためなら無敵になれます。」

強さ 優しさ 嫉妬 責任 愛 繰り返し
別れ 出逢い 成長 泣き笑い
常にデッカく カッコ良く見せたい
いつの間に狹い部屋で毆り合い 威張り合い
深い暗い時代の10代なのに
一つの出逢いが変えた20代
何にも無い道を照らしてくれた
真っ暗な道を照らしてくれたんだ

あなたに逢えて あなたと出逢えて
俺の心の聲を叫ぶなら
「あなたと逢えて無敵になれました。」

あなたのために あなたのために
俺の心の聲を叫ぶなら 腹の底から叫ぶなら
Wow …

あなたにこの聲が屆くなら
いつまでも いつまでも いつまでも
叫び続けます