歌詞

錯誤回報

この熱い愛を歌にのせ
伝える噓偽り無しで
お前がいてくれて初めて
俺分かったことがあるんだ
真っ直ぐに生きるってこと
がっつり向き合うってこと
お前を最も想うよ ずっとずっと

冬の空 晴れたある日 朝から肌寒い
お前がいる俺の隣 世界の溫度1℃上がり
演技なんてしなくてもいい
テンションだって低くてもいい
ありのままのお前が好き
有難う 俺のそばにいてくれるだけで
花が咲くんだ俺の人生
會えない時には強がって
會ってる時は強く抱いて
口が悪いのがダメな癖
それを笑うのはお前だけ
好きなのに 近付き過ぎて
隙間に冷たい雪が降った

悲しみに染まる冬の空へ
お前が取り殘されたって
俺だけはそばを離れない
雪をも溶かすこの愛に間違いねぇ
もしも明日 世界中が敵にまわったとしても
大丈夫さ お前といれば

この熱い愛を歌にのせ
伝える噓偽り無しで
お前がいてくれて初めて
俺分かったことがあるんだ
真っ直ぐに生きるってこと
がっつり向き合うってこと
お前を最も想うよ ずっとずっと

真夜中にしんしん
降り出した雪に起こされて目が覚めたんだ
Ring Ring と君の音 聞こえた気がした
可愛い寢息のかわりに點滅 メール著信
「おやすみ」「うん…おやすみ」
いつだって想うのは君のこと
連絡の無い時間が永遠に感じる
會えなくてもそばに感じていたい
伝えたい愛はますます積もり積もっていくから
短い言葉でもいいよ 聞かせて欲しいんだ

寂しさに染まる冬の空で
お前と星を重ねたって
輝き一つもかすれない
雪をも溶かすこの愛に間違いねぇ
もしも明日 世界中が敵にまわったとしても

大丈夫さ お前がいれば

この熱い愛を歌にのせ
伝える噓偽り無しで
お前がいてくれて初めて
俺分かったことがあるんだ
真っ直ぐに生きるってこと
がっつり向き合うってこと
お前を最も想うよ ずっとずっと

冬に咲く雪の花のように
白く輝く雪月花の夜に

吐く白いため息 宙を舞う無數の雪
幸せそうな街並を背に歩き出した當ても無く
孤獨にただ一人震え 見失った未來の行方
そんな日々を超え
あなたと出逢った これは運命
だからあなたと過ごす今はかけがえない寶
何があったって命に変えても守るから
凍えるほどの寒い夜が教えてくれた
本當の愛の在処と明日を
有難う 涙の足跡

愛が降り積もる心 火が燈る
冬の女神 今願い葉えてくれ 儚い夢

まだ石ころみたいに光ってねえ
けど気合いで磨いて輝いて
お前に全部あげたくて
俺は今がむしゃらに生きてんだ
一生かけたダイヤモンド
泣いて笑って創るもの
お前の最もそばにいるよ ずっと

この熱い愛を歌にのせ
伝える噓偽り無しで
お前にこの言葉初めて
言うけど絶対忘れんな
お前の歌 歌うって事
お前と俺一つって事
誓うよ ずっと ずっと ずっと

この熱い愛を歌にのせ
伝える噓偽り無しで
お前がいてくれて初めて
俺分かったことがあるんだ
真っ直ぐに生きるってこと
がっつり向き合うってこと
お前を最も想うよ ずっとずっと

冬に咲く雪の花のように
白く輝く雪月花の夜に