歌詞

錯誤回報

すき、きらい、すき、って気持ち あつめたら
“あいしてる”なんだろう

今までの僕なら
「君の自由にすればいい」 そんな言い草で
本音なんて言ったらさ
「離れないで」って甘えたいくせに
寝過ごした日の朝
シーツに残ってるんだ 君のいたあと
とりあえず起き上がって
沈むソファ テレビを付けた

君のやり方 真似して
作ったコーヒーの味 何か物足りなくて

僕なりに恋をしてきたつもりだよ
あんなに胸焦がす出逢いだったのに
いつからか重ねるキスも
ただ 抱きしめあうことも
当たり前になってしまってたんだ
今さら 余計に思い知ってるよ
君へと 伝えそびれていた言葉
すき、きらい、すき、って気持ち あつめたら
“あいしてる”なんだろう

面と向かって君に
今までのぶんの「ありがとう」 言えたらなぁ
照れると思うけれど 笑ってくれたっていいよ
ありったけ 君にぜんぶ
ぜんぶ ぜんぶ ぜんぶ ぜんぶ

ねえ 君をいちばんに想っているのに
とっさにそれが態度に表せなくて
まだまだ君の理想になるには遠いね
ごめんね それでも一緒にいてよ

素晴らしい恋をしてゆくつもりだよ
だって まだ知らない君に会いたいよ
じゃれあいながらするキスも
甘えて けしかけるケンカも
当たり前になんて できっこないこと
今さらだけどさ 思い知ってるよ
君へと 積もり積もってゆく言葉
きらい、すき、きらい、って僕ら繰り返し
“愛”に触れたいんだろう

すき、きらい、すき、ぜんぶ。で君のこと
“愛してる”