歌詞

錯誤回報

猫が椅子に泰然と構えじっと観ているこちらの模様を
四分刻みのアラーム直ぐに消しては寝る人間の諸行を
今日は遠く小さい都市で大きい規模の戦争が起こった
ニュースを読もうと端末を取り出す所で終電へ潜った
けれど知らないみんなの匂い密閉された電車のなかで
徐ら深く安心してしまい電話はポケットを泳いだだけ
猫は干支や星座に居ない…重大な役を全うしての免除
眼で諍いを吸い尽くし転送をするブラックホールまで
だからきっとあの国は長年採用していないと思う猫を
間違いない人間の考えなど結局勝ち負けばっかあーあ
わざわざ幻想を追い回して損得勘定最優先ちょっとも
割りを食いたくないと後でいくら弁解したとて人間は
所詮尊大なままやはりやったことが全部だ何も云わぬ