歌詞

錯誤回報

心が戯れるまま夢中で遊んでた
母親の呼び聲 もういいかい まだだよ
夕暮れの空には 上弦のお月さま
永遠の意味なんて知らなくてよかった

孤獨が目覚めるその時まで
風も月も影も分かち合えたのに
いつから僕らは闇を見つめたの

遠ざかる聲が夕日に溶けていく
はしゃいだ影はどこまでも伸びていく
しばらく君と話していたいから

今はまだどうか燈りを消さないで

二つの錆びたブランコが 互い違いに揺れた
サヨナラの重さなんて感じていなかった

夢から目覚めたその時まで
空も雨も雲も同じに映っていた
いつから互いに何を愛したの

もう戻らない日々 止まったままの時間(とき)を
靜かに再び 動かし始めたい
しばらく君と會えなくなるから
今だけはどうか燈りを消さないで