ワンダー (Wonder)



日語:2019.07
專輯:ワンダー (Wonder)
歌手: そらる (soraru)

歌詞


暗い六畳一間のボロボロの天井にも
僕の目に映ってた 
無限に広がる星空

ああいつからだろう 
上手く笑えずに俯き歩いてた
幼い頃には憧れ真似てた 
ヒーローにはなれなかったよ

そんな時見つけた 
踏みつけられて咲き誇る花達
気付かせてくれた 
こんな日々にでも意味はきっとあること

雁字搦めの心臓も 
まだ僕を諦めないでくれた
永遠のように思えた夜も 
陽は手を伸ばした

見せてよワンダー 
想像超えた奇跡達を
涙流しながら消えていった可能性のその全て

世界中が恋するような夢を見せて
永遠に覚めない 
鳴り止まない
響き続けるような 
そんな歌

傷つくのは嫌で 
嘘つくのも嫌で
耳を塞ぐうちに聴こえなくなっていた
自分が叫んだ 
枯れた助けての声

回る回る 
めまぐるしく
目が眩むようなこんな世界で
雨上がり虹がかかるような
喜び数えた

聞いてよワンダー 
彷徨う僕らここまで来たよ
同じ空見上げればもう大丈夫 
そんな風に肩を組みながら

たった一つだけ与えられた 
この命何が残せるだろう
そこに理由が生まれたとしたら 
意味をくれたのは

君だ

大丈夫さワンダー 
いつまででも傍にいるよ
君がくれた奇跡 
その続き見たいんだ 
君と一緒に

世界中が恋するような夢を見せよう
永遠に覚めない 
鳴り止まない
響かせ続けていこう 
この歌を

吐槽歌詞