海中の月を掬う (Kaichuuno Tsukiwo Sukuu)



日語:2019.07
專輯:ワンダー (Wonder)
歌手: そらる (soraru)

歌詞


沈んでく身體がふと見上げた揺蕩う水麵に
ガラクタの心を繋ぎ合わせて君の元へと

光も屆かない 海底彷徨った 君に會いたかったの
もう顔も不確かで それでもどうして こんなに愛しいの

錆び付いた心臓
鼓動がまだ熱を覚えている

ねえ 君がくれた歌をずっと ここで歌おう
今は君に ただ君にだけ 屆いて欲しい
冷たい海に凍える前に身體を抱きしめさせて
溢れる涙止めて欲しい 溺れてしまうから


海に浮かんだ月 掬いあげる勇気すらなかった
軽く握りしめる たったそれだけで消えてしまう気がして

はかなげに揺れてる 薄れる記憶と微笑む君は
今更手を伸ばすけど 殘酷に綺麗で 遠すぎて

ねえ 僕はここで月を見上げて歌を歌おう
いつか君に ただ君にだけ 屆いて欲しい
約束はもういらないから 僕を照らしていて欲しい
裸足のままで 忘れぬままで 朝の匂いの方へ

ざわめく波の音 ふと見下ろした揺蕩う水麵に
淡く光る月が微笑んでいた そんな気がした

吐槽歌詞