歌詞

錯誤回報

毎日の影が この部屋を塗り潰して
誰でもいい 神さまでも 星をばらまいて
あたたかな 街の灯りが 君を殺すよ
夕闇の 橋の上で つま先で立ったんだ

かなぐり 捨てた僕の声を 月が照らすよ
ゆっくりと この手のひらで 瞬きをしよう
真実は いつもたったひとつ 歌に遺して
朝焼けの 波間に立って 君を叫んだ

悲しみ
どうでもいい
蹴り飛ばした夢と情景が
かがやき 薄れてゆく
だって 君はもう
戻らないよ

グラマー
僕は なにをしてる?
グラマー
どんな綺麗な歌 歌っても
グラマー
この声は 誰のために
グラマー
旋律は今日も 夕闇へ沈む

終電がせまる地下鉄のプラットホームで
誰かが背中をそっと 押した気がした
揺らめいた陽炎のように 光がさしたら
なんでだか君に少しだけ 近づけるみたいだ

言葉は消えてくよ
ちりひとつ 残らない
浮ついた 永遠だなんて
いまがいま 消し去ってゆく

グラマー
僕は なにをしてる?
グラマー
どんな綺麗な歌 歌っても
グラマー
この声は 誰のために
グラマー
旋律は今日も 夕闇へ沈む

グラマー
僕は なにをしてる?
グラマー
答えは 今日もまだないけど
グラマー
いつの日か 歌が届く
グラマー
そんな言葉は言えなくて

君は僕の答え みたく 笑顔のままで
こもれびの庭に咲いた 花のようだよ
君は僕の答えみたく 笑ったままで
光さした午後の まるで 賛美歌のよう