マッシュルーム (Mushroom)


作詞:蝶々P ╱ 作曲:Majiko ╱
日語:2019.06
專輯:寂しい人が一番偉いんだ (Sabishii Hitoga Ichiban Erainda)
歌手: majiko

歌詞


誰かを愛するその事実は
ずっと近くにあると思ってた
曖昧な形で誤魔化している
こんな想いに意味など無いのに

独りにまみれた僕の部屋には
君の温度が残っているよ
吐き出した言葉に隠した嘘が
剥がれ落ちて音を立てるの

甘いキスの痕が癒えない程
溺れてた自分に嫌気が差すよ

悲しみも寂しさも
この世界ごと全部僕の物にして
心から笑えたら君は要らないよ
どうせなら夢のまま
未来なんて壊して捨てて欲しかった
変われない僕がまだ此処にいるから

相対を重ねた君の姿に
知りたい答えがあると思ってた
曖昧な形で誤魔化している
こんな想いに意味など無いのに

溶けかけの夜に滲む空が
あまりにも綺麗で息が詰まるよ

裏切りも過ちも
最初から何にもなかった事にして
忘れたり出来るならそれでも良いんだ
届かない声の中
これからはきっと僕以外の誰かに
愛されて満たされて生きていくんだろう

閉じ込めた過去と終わる景色を見つめて
下らない憂いを繰り返すのでしょう
間違いじゃないってこの僕に教えてくれ

叶わない幸せも
当たり前に縋って求めてた日々も
思い出すその度に胸が苦しいの
言い訳を押し付けて
君が消えればいいと願った理由は
傍に居た僕にすら解らないんだよ

悲しみも寂しさも
この世界ごと全部僕の物にして
心から笑えたら君は要らないよ
どうせなら夢のまま
未来なんて壊して捨てて欲しかった
変われない僕がまだ此処にいるから
さよならだけが此処にあるから

吐槽歌詞