熱門關鍵字

歌詞

錯誤回報

ある程度はその気になれば知られるような世界で
知ろうとする事もそもそも無くて
ある程度はその気になれば触れられるような世界で
ドアを閉めて話をする真似して

相変わらずそうして鳴り止む事無くぶつかり続けて
そして滴る血の音に目を配る
真っ当な血の色を僕はどれくらい見ていないんだろう
冷めた笑みが床に落ちる

血の色が大人びてる
長い間、心に触れて来ないうちに
赤色へと戻してくれる誰かを探している
綺麗に着飾った指先で

会話も仕草も髪型も一眼に触れるもの全て
あまりにも小手先で済ましていた

小綺麗にまとめた姿に集まる人の姿は
後を断つ事は無いけど

血の色が大人びてる
長い間、心に触れて来ないうちに
赤色へと戻してくれる誰かを探している
綺麗に着飾った指先で

今更になってようやく気付いたよ
世界は誰1人見逃しては居ないって
それなりにとこなしていたら
それなりにしか愛されなくなる

血の色が大人びてる
長い間、心に触れて来ないうちに
赤色へと戻してくれる誰かを探している
相も変わらずに指先で