歌詞

錯誤回報

「何も変わらないよ」 嘘になった言葉
今の僕になる為 眠らせた詩達

過去に戻れはしないと理解ってはいるけれど
時間を戻したくなるような過ちばっかりで

何時の間に僕達は心から笑えなくなってた?
全て振りきるように空を見上げた

傷だらけの羽 広げて羽ばたいてゆく
遥か南目指し 凍てつく大空へ

意味のない日々なんて きっと何処にも無いんだ
ただ、それに気付かず 時に、意味を見失う

傷だらけの羽 広げて羽ばたいてゆく
傷だらけの詩を 今 翼に変えて

強い嵐の中 互いを見失っても
向かう場所は同じ それだけを信じて

僕ら一歩ずつ確かに歩いてゆくんだ
傷だらけの詩を 今 翼に変えて