歌詞


思い出せば遙か遙か
未來はどこまでも輝いてた
きれいな青空の下で
僕らは少しだけ怯えていた

懐かしい色に窓が染まる

前を向いてればまた會えますか
未來はどこへでも続いてるんだ
大きな看板の下で
時代の移ろいを見ていたいな

二度と會えぬ人に場所に
窓を開ける


思い出せば遙か遙か
未來はどこまでも輝いてた
きれいな青空の下で
僕らはいつまでも眠っていた

ずっと前に好きだった人
冬に子供が生まれるそうだ
昔からの決まり事を
たまに疑いたくなるよ
ずっと忘れられなかったの
年賀狀は寫真付きかな
わたしたちに出來なかったことを
とても懐かしく思うよ

吐槽歌詞