サファイアの9月の夕方 (Sapphire Blue September Evening Sky / Sapphire No Kugatsu No Yugata)



日語:2018.09
專輯:TEARS AND REASONS
歌手: 松任谷由實 (Yumi Matsutoya)

歌詞


サファイアの9月の夕方
あなたの街を通過するわ
さよならへ飛び立つジェット機
サファイアの空に煌いて
星屑にまぎれてゆきたい
新しい私を見つけに

最後のわがままをきいて
口にはしたくなかった想いのために
崖に続く曲り道
デートした公園まできっと来てみて
二人 大好きだった
曲を聴きながらハンドルにもたれると

サファイアのフロントグラスを
ゆっくりと横切ってゆくわ
さよならってずっとつぶやいて
サファイアの空を翔けながら
うるんだ街をあとにするわ
いつまでも見てると信じて

夢がちがってくことが
いつか責め合えなくなって淋しかったの
天文台のベンチに
コインで刻んだ昔 FOREVER の文字
二人 真剣だった
指でなぞってよ なつかしい傷あとを

サファイアの9月の夕方
あなたの胸に消えてゆくわ
さよならの合図のフライト
サファイアの空を翔けながら
にじみ出す街をあとにする
いつまでも見てると信じて

冴えわたる9月の夜景が
大切な思い出になる日
私達 おとなになるのね

サファイアの空を翔けながら
うるんだ街をあとにするわ
いつまでも見てると信じて
サファイアの空に煌いて
星屑にまぎれてゆきたい
新しい私を見つけに

吐槽歌詞