歌詞

錯誤回報

吐いた息は白く
空に吸い込まれ消えてゆく

何度も青い帳が下りて

光るナイフを強く握れば
握るほどに赤い血は溢れるのに
なぜ疑うことだけ上手になるの
誰かを信じたい それだけなのに

欠けた月の下で
何もいらないと思った

どこかできみが泣いてる気がした

愛せないなら消してしまえと
強がってみたけど 眩しくて
この手のひらでぎゅっと握り潰して
しまう前にそっと逃がしてあげる

光るナイフを強く握れば
握るほどに赤い血は溢れるのに
なぜ疑うことだけ上手になるの
誰かを信じたい それだけなのに

それだけなのに