Zero


作詞:OREO ╱ 作曲:OREO ╱
日語:2017.05
專輯:Air
歌手: 인피니트 (INFINITE)

歌詞


ゼロと無限の狹間で揺れながら夢を見て
永遠の歌に憧れている
目も眩むような物語のその果てに
繰り返す日々の答えは見つかるだろう

歩き出す僕が見えなくなるまで
微笑んで手を振る君を見て
何故かもう二度と會えないような
そんな気がしたよ
優しい風が 頬を撫でていた

見上げた空の彼方に 手を伸ばしても屆かない
悠久の時間が瞬いている
凡ては闇と光のグラデーション?
未だ痛む傷も 愛おしいこの記憶も

この見慣れた街の景色に
溶け込んでいく君の姿を
見ようとするほど

何もかもが意味を失ってく
僕は耐え切れず そっと目を閉じる

絶望の中でだけ希望を見つけられる?
か細い光を頼りに闇を歩いて

辿り著いた場所 きっと夢なんだけど
懐かしい風が もう會えないと思ってたよ
その手には無限色のPalette
忘れてたよ 君がくれたね

ゼロと無限の狹間で揺れながら夢を見て
永遠の歌に憧れている
目覚めたその瞬間に生まれたての世界が
真白な顔を僕に向けはじまりを待ってる

ZERO and INFINITE

歩き出す僕が振り返るといつも
微笑んで手を振る君がいる

吐槽歌詞