歌詞

錯誤回報

「100年經っても好きでいてね」
みんなの前で困らせたり
それでも鄰で笑ってくれて
選んでくれてありがとう
どれほど深く信じ合っても
わからないこともあるでしょう
その孤獨と寄り添い生きることが
「愛する」ということかもしれないから…

いつかお父さんみたいに大きな背中で
いつかお母さんみたいに靜かな優しさで
どんなことも越えてゆける
家族になろうよ

小さな頃は身體が弱くて
すぐに泣いて甘えてたの
いつも自分のことばかり精一杯で
親孝行なんて出來てないけど
明日のわたしは
それほど變われないとしても
一步ずつ 與えられる人から
與える人へかわってゆけたなら

いつかおじいちゃんみたいに無口な強さで
いつかおばあちゃんみたいに可愛い笑顏で
あなたとなら生きてゆける
そんなふたりになろうよ

いつかあなたの笑顏によく似た男の子と
いつかわたしとおなじ泣き蟲な女の子と
どんなことも越えてゆける
家族になろうよ
あなたとなら生きてゆける
しあわせになろうよ