歌詞

錯誤回報

「いつかはすべてうまくいくよ」
君の言葉がよみがえる
思いがけずこぼれ落ちる涙
春の匂いに染まる三月の夜

つぼみも花を結ぼうとした頃
陽射しは日ごとに強さ増して
輝<光を身に纏った君は
振り返る事もなく 消えてしまった

何度でも 何度でも
叫び続けてた 君の名前をただ
淡雪が舞う夜にもう一度
優しく微笑む君に会いたい

朝日が顔をのぞかせる頃
ただよう真夜中の寒さは
あっという間にどこかへ消えて
心の隙間が僕を締め付けてくる

川の流れが景色を溶かして
おぼろげな記憶も流れてく
けれど僕はきっと忘れないだろう
さよならも言えずに別れてしまった
君を描いてる

いつまでも いつまでも
僕を呼ぶ声が 消えずに聞こえる
木漏れ日が差す場所でもう一度
優しくたたずむ君に会いたい

何度でも 何度でも
叫び続けてた 全て断ち切るように
僕はいつでもここにいるから
暖かな光の中にいるから

いつまでも いつまでも
振り返ってばかりじゃ 何も変えられない
君が照らしてくれたこの道を
前だけを向いて僕は進むよ