歌詞

錯誤回報

こぼれた涙を 掻き消す雨の音
また一人 ここで
傘さえ広げられずに

雨露に濡れた ツバメはどこからか
春の香りを乗せて 先を急いでいく

高らかに舞い上がる あの姿追うように
私よりどこまでも遠いとこへいく

紫陽花の庭で 待ち合わせてたけど
水彩に滲むのは 移ろ気なあの昼下がり

羽を休めてた小枝が
グラグラと折れたのなら
ツバメは 飛び去っていくだけ

高らかに舞い上がる あの姿追うように
私よりどこまでも遠いとこへいく
(間奏)

最後に出逢った 終わりの季節には
曇った顔に浮かぶ 知らない誰かの影法師

あたたかな風に 乗り遅れないように
まだ見ぬ場所へと 一人 想いを馳せていく

高らかに舞い上がる あの姿追うように
私よりどこまでも遠いとこへいく

高らかに舞い上がる あの姿追うように
私よりどこまでも遠いとこへいく

私よりどこまでも遠いとこへいく