歌詞

錯誤回報

痺れちゃうくらいに怖くてさ
足が竦んで竦んでいた
その時 落ちた涙が今も忘れらんないよな

どうしようか 逆境は慣れてないから
曖昧な覚悟しか出来てないよな
細胞が硬直し始めては
あんまりな未来を見せてくんだな

あの頃の僕ら ただ人を羨んでは
見えない何かに怒ってさ
片足で跨げる様な 段差をずっと睨んで
言葉も出なくて掻きむしっていた

痺れちゃうくらいに怖くてさ
足が竦んで竦んでいた
その時 落ちた涙が今も忘れらんないよな

私を強くさせた貴方に捧げる
可憐なアタックに込めた素敵なバラードを

残響が耳の奥でなってたんだな
苦しいよな独りで立ち向かうのは

よれたTシャツの裏 隠した弱い心
見えないフリをしていたよな
そこに刻まれたそれぞれの傷を
奈落の底まで連れて行かないか

壊れちゃうくらいに脆くても
強く愛を求めていた
このステージに立ってる意味を
今も忘れたくないよな

遥かに遠く飛んだ丸い太陽
紅蓮に光ってたいと願う僕らの様だな

通り雨 貴方の頭上に落ちていく
「助けて」と聞こえた
それが嘘か誠かなんて

痺れちゃうくらいに怖くてさ
足が竦んで竦んでいた
その時 落ちた涙が今も忘れらんないよな

私を強くさせた貴方に捧げる
可憐なアタックに込めた素敵なバラードを