歌詞

錯誤回報

乱みだれし国くには迷まよいの嵐あらし桜吹雪さくらふぶきも散ちりし命いのち

海うみは灰色はいいろの雲くもに染そめられ
四季しきも狂くるわす雷鳴らいめいが轟とどろく

貧まずしき暮くらし心こころも疲つかれ緑みどりの夏なつも汗あせに流ながれる

女おんなじゃいられぬ厳きびしき世よには
目めの前まえだけの幸しあわせは望のぞめない

愛あいより命いのちをつなぐ夢ゆめを見みる
苦くるしさ忘わすれる幼おさな子この歌うたよ

四季しき折々おりおりの色いろあせても生いき残のこること

心こころの叫さけび届とどかぬ涙なみだ意味いみもない事こと知しらされるだけ

意地いじの張はり合あいでは何なにも生うまれない
秋あきの赤あかい色いろが血ちに見みえる日々ひび

貴方あなたの最後さいごの笑顔えがおを信しんじて
重おもけき荷物にもつを背負せおわされる時代じだい

我慢がまんの縁ふちまで肩かたに食くい込こむまた冬ふゆが来くる

私わたしが変かえる私わたしが変かえる変かえてみせる

変かえてみせる