歌詞

錯誤回報

パラパラパ パラパラパ 
パラパラパララ パッパッパッパッ
パラパラパ パラパラパ パラ

いつもの駅 待ち合わせ場所 
君の姿が 見えたドキドキに
少し高い ヒールを鳴らして 
かわいい笑顔 ちゃんと出来るかな

前髪が揺れて 横にとかし 君の目見つめたの
汗ばんだ両手 君は少し 照れ臭そうに ほら

笑ってた 高鳴る鼓動 聞こえるの
結ばれた 手と手はきっと 離さないでずっと

ねぇ 君に恋した 奇跡 空から舞い落ちた 光
大切にそっと手をのせて かざす
大丈夫って君が言ってくれた 
不思議と 痛みが 消えてく
いつまでも この胸の中 響く

君のお気に入りの小説 
私の方が好きになっていた
君の世界輝かせてるモノはなんだろ 
いつも気になるの

仕草や笑いのツボなんかも 
なんだか似てきたね
見慣れた景色も 
心の音楽が変わればほら

きらめいた 街ゆく人波の中で
特別な時が流れる この魔法解けないで

ねぇ 君と出逢った 
奇跡 物語が急展開しそうな
はじめての出来事ばかり起きる
楽しんだもの勝ちだって 
君がいたずらに笑ったその瞬間
恋に落ちたんだ 揺れる瞳の中

パラパラパ パラパラパ 
パラパラパ パラパラパ

ねぇ 君に恋した 奇跡 
空から舞い落ちた 光
大切にそっと 手をのせて かざす
大丈夫って君が言ってくれた 
不思議と 痛みが 消えてく
いつまでも この胸の中 響く

パラパラパ パラパラパ 
パラパラパララ パッパッパッパッ
パラパラパ パラパラパ パラ