歌詞

錯誤回報

静寂積もりゆく雪さえ
幽かなる音を鳴らすなら
耳を澄まし手繰り寄せて
その刹那奏でるよう

この身に宿る業(ごう)が
落とした闇から一縷
光を探し出すため

凍てつく炎(ひ)飲み込むまでさ

貫け我が声
命の証しに
響け明媚で鋭利な
一太刀と変われ
描くは三日月
哀惜の欠片
満ちることなき心
叫び続ける

木の葉 流れ落つ雫の
調べが記憶を引き戻す
閉ざして消えてしまえたら
裏切りにも 出会わずに…

天に賜(たまい)し貴石
今も惹きつけて止まぬ
絶望凌ぐ希望も

慟哭で 切り裂く運命(さだめ)

貫け我が声
命 尽きるまで
常に優美で不敵な
一齣(ひとくさり)と成れ
描くは三日月
面影は遥か
もう欠け落ちぬ 魂
歌い続ける

貫け我が声
命の証しに
響け明媚で鋭利な
一太刀と変われ
描くは三日月
哀惜の欠片
満ちることなき心
叫び続ける