熱門關鍵字

  • 專輯:願い
  • 歌手: Uru
  • 發行時間:2019.09
  • 作詞:
  • 作曲:
  • 編曲:Hidenori
  • 分類:日語

Remember (Self - Cover Version)

2019.09

願い

Uru

歌詞

錯誤回報

夏の終わりを知らせるように
道端にそっと 並んで咲いた
夕にも染まらず風も知らない
青い、青い、リンドウ

傷つくことを恐れながら
心を隠したりしたけれど
誰かが傍にいてくれる溫かさを
教えてもらったから

さよならじゃない
名も知らない遠い場所へ
離れたとしても 記憶の中で
息をし続ける

夜に埋もれて
誰も知らない遠い場所へ
迷ったとしても 記憶の中の
溫もりでずっと今を照らせるよう

遠くで聞こえる祭りの聲は
関係ないんだって そう思っていた
見たくもなかった境界線が
寂しかった日々


誰の背中も追わなかった
時には噓もついたけれど
守りたいものがここにできたこと
それがただ嬉しくて

さよならじゃない
向かい合えずいた寂しさも
帰りたい場所がここにあるだけで
それだけで 強さに変わる

愛されたいと本當はもがいていた
この孤獨も涙も包むような
優しさに出逢えたから

さよならじゃない
例えばもう 會えなくなっても
きっとどこかで
笑っていると
心繋げて

さよならじゃない
名も知らない遠い場所へ
離れたとしても 記憶の中の
溫もりを ずっとずっと忘れないよ