文字處理機


作詞:Hiromu Akita ╱ 作曲:Hiromu Akita ╱ 編曲:Yoshiaki Dewa
日語:2017.12
專輯:地方城市的死亡提醒
歌手: amazarashi

歌詞


遮光粘膜に囚われて 能動性が切断された感性を
自由解放運動、奪還の行路 故に単身武装蜂起

生きるか死ぬかにおいて 終わりを逆算、サバービアのメメント・モリ
シャッター街の路地 郊外の鉄橋 背後霊が常に見張っている

言葉から言葉の国道を 往復し続けた十万キロの中古車
海岸に見果てぬ夢を看取り続けたら 夢だってとうとう見果てた

骨をうずめるなら故郷に でも僕の言葉の死に場所ならここだ
十年後、百年後 何かしら芽吹く種子だと確信している

歌うなと言われた歌を歌う 話すなと言われた言葉を叫ぶ
燃やすほどの情熱もないと いつか流したあの敗北の涙を
終わってたまるかと睨んだ明日に
破れかぶれに振り下ろした苛立ちの衝動を
希望と呼ばずになんと呼ぶというのか

現実も空想も等しい重さで 鉛となり降りしきり その胸に空いた風穴
そこからあんたの白けた明日ってやつが見える

演算式にしゃべり続けたワードプロセッサー
破り捨てられたちっぽけな一行も
数年を経た今となっては ついには岩のような絶望すらも穿つ

歌うなと言われた歌を歌う 話すなと言われた言葉を叫ぶ
燃やすほどの情熱もないと いつか流したあの敗北の涙を
終わってたまるかと睨んだ明日に
破れかぶれに振り下ろした苛立ちの衝動を
希望と呼ばずになんと呼ぶというのか

歌うなと言われた歌を歌う 目が眩む

吐槽歌詞