熱門關鍵字

歌詞

錯誤回報

無間の想い継ぐ 運命に乗り込める
その壁を 切り崩して

爛れた緋の月 不穏を隠しても
誰もが過呼吸で 夢を視てる

流れ去る星屑 花を投げ入れる様
虚しい後悔を 手向けながら

振り向いて 付いて来れてない
孤独を誇る 自信だけが

無間の想い継ぐ 運命に乗り込める
万能に 何処までが望める?

生命(いのち)は何を識る? 溢れ切った限界に
その壁を 切り崩して

底のない紺碧(あお)に 突き堕とされて逝く
何故か自由だと 感じている

瞳(め)を閉じて 君を見つけてる
感覚 自分を 超える迄

極まる熱の途中 逃せないと握り込む
カクシンが 掌で燻ぶる

生命に届かせろ 微振動を得て揺れる
覚悟なら 君の前で

生命が抱き留める 溢れ切った限界で
その果てに 求め合う

無間の想い継ぐ 運命に乗り込める
万能に 何処までが望める?

極まる熱の途中 逃せないと握り込む
カクシンを 掌に

生命に届かせろ 微振動を得て揺れる
覚悟なら 君の前で