歌詞

錯誤回報

ユメのカケラ
君がくれた
明けない夜に潜む

寄り添う星
一つ消えて
夜明けの ARIA が響いた

もう この止まない雨の中で
昨日に怯えることもない
今 君を失くした未来は
始まったばかり

果てない闇の中
君がくれた篝火が
伽藍のこの胸に
生まれたいのちを
照らしている

消えたものと
変わらぬもの
無惨な空が光る

別れを告げ
微笑み合い
寂しい ARIA を重ねて

ねえ、人は何時まで独りで
二人に焦がれて行くのだろう
まだ 君の綺麗な未来は
始まったばかり...

優しさを知らない
君がくれた優しさが
伽藍のこの胸に
名も無き光を
灯している

孤独の船を漕ぎ
篝火は嘆き集う
伽藍の世界には
数多の ARIA が響いている