歌詞

錯誤回報

垣根の向日葵に隠れて
いそいでキスをした
君のやわらかなほっぺたは
きっととても甘いだろう

野兎追いかけて草の中
誰にも見えないね
素知らぬ顔した野原に
脱ぎ捨てた靴の矢印

何もない夏でした
ただ恋をしただけでした

踊る三日月真夏の夜は
夢見る恋を連れて来る
檸檬色した星を数えて
君の心にキスをする

笛の音が君をさらってく
風の中 やがて来る秋へ

若すぎる緑の林檎は
銀紙の味がする
切なさが実る枝から
君が盗ってくれました

眠らない魚の夢見る
終わらない夏でした
心も季節も林檎も
色付く事さえ忘れて

寒がりな風見の鶏が
もうすぐ秋だよと謡う

揺れる三日月真夏の夜に
忘れた恋を思い出す
夢のひとひら
星の鈴音
君の心にキスをする

その夏のあどけない林檎
いつまでも胸にある果実